サインイン

リボソーム、小胞体、ゴルジ体、リソソーム

タンパク質の合成はリボソームで行われるが、このリボソームは小胞体に付着している。

リボソーム

リボソームはrRNA(リボソームRNA)などからなり、小胞体などと比較してやや小さい細胞内小器官である。リボソームはRNAからタンパク質に翻訳する。

上図では茶色のボールがリボソーム。

リボソームは、次に述べるように粗面小胞体に付着している。

小胞体(endoplasmic reticulum)

小胞体のうちリボソームが付着する部分を粗面小胞体、リボソームがない部分を滑面小胞体という。

粗面小胞体の一部は核膜とつながっている。したがって核に最も近い細胞内小器官の一つである。

粗面小胞体はつぶれた袋のような形をしているが、滑面小胞体は管のような形をしている。

リソソーム

リソソームは物質を分解する場であり、中に加水分解酵素がある。エンドサイトーシスとオートファジーを担う。

biology

0