サインイン

腎臓と膀胱

腎臓には腎動脈、腎静脈、輸尿管が入り、輸尿管はぼうこうにつながる。腎臓は人体の左右にあり、尿を生成する。

機能

腎臓は腎小体という小さな組織が集まった器官であり、腎動脈由来の毛細血管から有害な物質を除去する。

構造

腎小体は大きく糸球体と「ボーマンのう」からなる。毛細血管が球状に集まった糸球体を包むようにボーマンのうという組織がある。ボーマンのうは漢字で書くとボーマン嚢である。

血液は糸球体の毛細血管を流れるが、血液の一部はボーマンのうに入りこむ。これは一種のろ過であり、水、尿素、グルコース、アミノ酸といった小さな物質がボーマンのうに入る。このときにボーマンのうに入った液体を原尿と呼ぶ。

ボーマンのうは細尿管という細い管とつながっている。毛細血管は細尿管をとりかこむように綿密につながっている。この構造から、ボーマンのうを経て細尿管を流れる原尿のうち、水やグルコースなどの物質は毛細血管に回収される(再吸収)。

尿素などの有害物質は細尿管に残り、再吸収が進むにつれて原尿は濃くなっていく。細尿管はやがて集合管を経て輸尿管に至り、ここで原尿はいわゆる「尿」となってぼうこうに運ばれる。

biology

0