サインイン

クロロフィルの構造(概要)

クロロフィルはフィトール基という炭化水素の細長い鎖に、マグネシウムなどを含む巨大な分子が結合した物質。葉の色の主成分で、クロロフィルaとクロロフィルbがある。

aとbは、先端がCH3かCHOかという構造的な違いがあり、それが色の違いとなって表れる(正確にいうと吸収スペクトルの違い)。

biology

1