サインイン

木の乾留実験

酸素を供給しないで強く熱することを乾留という。

木を試験管に入れて乾留すると、木炭、木酢液、木タール、木ガスが発生する。木ガスを抜くため試験管の口は高さを下げる。試験管を下げないと試験管が割れてしまう。

木炭は黒い炭である。木酢液は酸性の黄色液体。木ガスは一酸化炭素をふくむため、吸ってはいけない。

いろは 文庫

0