サインイン

チャールズ1世(1600~1649)は、イングランドの王。ピューリタン革命とイングランド内戦で台頭した議会派のオリバー・クロムウェルによって追放された後、処刑された。

1628年、イングランド議会はチャールズ1世に「権利の請願」を提出したが、チャールズ1世は内容を認めず、専制的に政治を行った。これがピューリタン革命の一因となった。

世界史 高校

1