サインイン

モンテスキュー(1689~1755)はフランスの思想家。イギリスの思想から影響を受け、フランスの王政を批判し、三権分立を唱えた。

モンテスキューは、ヴォルテールなどとともにフランスの啓蒙思想を代表する哲学者である。

著書「法の精神」。

世界史 高校

0