サインイン

後醍醐天皇

後醍醐天皇は鎌倉時代から南北朝時代の天皇。大覚寺統出身。足利尊氏や新田義貞と鎌倉幕府を滅ぼし、新しい政治(建武の新政)を始めた。

倒幕

新田義貞などの協力が得られる前、正中の変と元弘の変を起こして幕府を倒そうと試みたが、失敗に終わり隠岐(島根県北部)に流された。このとき楠木正成などはすでに後醍醐天皇を協力し、倒幕のための武力的な勢力になっていた。

後醍醐天皇が隠岐から脱出したことをきっかけに倒幕の気運が生まれ、足利尊氏は京都の六波羅探題、新田義貞は北条家を滅ぼした。

history

0